スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリッカーの進化

クリッカー熱はとどまることを知らず、といっても主にデザインと機能向上のチューニングがテーマになっています。


1112.jpg


左のやつは単にカラーリングをしただけですが、裏面は滑り止め塗装をしています。
これだけでもMyオリジナルな雰囲気が出ますね。


右側のは裏からパテ盛りをした後に表面をどんどん削り落としていき、スリム化してあります。
スリム化には二つの効果があって、一つは握りやすくなること、そしてもう一つがボタンのストロークを短縮できるので、押し始めから音が出るまでの時間を短縮できることです。
ボタンも小型化してボタンホールはそれに合わせて小さくしています。


1111.jpg


カラーリングは70'の車のイメージ。ストラップを通すところも金属で作り替えています。
工作が楽しくて仕方ありませんが、ちゃんと使い方も練習しなければですね。(汗)


今度クリッカーの使い方、ハウツーDVDを制作することになりました。本よりわかりやすく楽しいものになると良いなと思っています。

スポンサーサイト

スクープ!新クリックスティック

私の考案したクリックスティックは日本よりむしろ海外で評判なのですが、かねてよりジェントルリーダーなどでおなじみの米国プレミア社からこれを製造販売したいとリクエストされていました。


私にとってもとても嬉しいことですので、デザイン案など、製品化に向けての詰めをしていましたが、取り説やパッケージなどもデザインが上がり、いよいよ発売間近になってきました。


cs3.jpg


今回の製品もテリーさんのシグネチャーシリーズとして、取り説を書いていただいています。

cs1.jpg


ステンレスのロッドなどはこだわりを踏襲してもらい、でもコストは下げる方向で開発されてきましたので、日本での価格も少し下がるものと期待されます。



cs2.jpg


残念ながら先端のターゲットは交換できないのですが、サンプルを試した限りではなかなか使いやすくなっていると思います。
もちろんターゲットの交換できる従来製品も上級モデルとして存続させますが、プレミア製の新作も普及してくれると良いなぁと思います。


cs4.jpg


そして考案者としての私の名前も今度のモデルから表記されるようになりました。
販売時期は未定ですが、そして残念ながら当面は日本語版(取り説)はないのですが、わかりやすい使い方マニュアルを日本側で独自に用意したいと思っています。


夢は国際的なクリッカー職人!? ますます自己満足の改造熱に拍車がかかりそうです。

クリッカー2題

クリッカー熱はとどまることを知らず・・・・。


ミニマムなクリッカーを作りたくて、直径3.5cmほどのものを作ってみました。
でも音が小さすぎてだめかも。
今度中の板バネをもう少し大きく作り替えてみようと思います。


cl1.jpg


そしてライト付きカスタムのクリックスティックもさらにカスタマイズしました。
木目調にして金箔をあしらってみました。こちらはちょっと良い感じです。


cl2.jpg


ところで、クリッカーの早押しになぜこだわるのか、ブログで説明していなかったかも知れません。


実はクリッカーってその構造上、押したときと離したときの2回音がするのですが、シビアなトレーニングをしていると、これが人間の数倍反射神経が鋭い犬にはタイミングを誤らせる原因になりかねないという考えから、早押しの必然性が生まれたんです。


条件付けによって「最初の音がブリッジだよ」と伝えることは可能ですが、やはりその後に余分な音がするのは、記憶のメカニズムで最初に来る【感覚記憶】には雑音になりかねないという懸念があるのです。


そう考えてからシャープな音を追求していますが、やはりそれに慣れた犬たちの学習は早まっている気がしますので、無駄ではないと思っています。
最近クラスに来るみなさんのクリッカー音がとても短くなっていて嬉しい限りです。

クリッカーフリーク

ちかごろ、仲間の間ではちょっとしたクリッカーブームを迎えています。
マニアな私としては嬉しいかぎりです。
ブームには大きく分けて2つの方向性があります。


一つはより新しい理論をベースとした高度なクリッカートレーニングの探求。
そしてもう一つはそれに伴う、より機能性を高めたクリッカーの改造。
特に二つ目のクリッカー改造に関して、今回はご紹介します。


クリッカー改造マニアにも二つのジャンルがあります。
一つはより短い音を出すための機能の追求。
そしてもう一つは人間の方の意欲を高めるデザインのカスタマイズ。
仲間の情熱はとどまることを知らず増速しています。


YMさんのiCLICKも使いやすそうです。ストロークも短縮済みで、ボタンの前後をスロープにし、早撃ちが出来ます。最近さらに進化した模様。


そして早撃ち機能優先で通常のボックスタイプを改造しているソルモンさん。ボックスタイプでも短い音を達成しています。


一度しか音が聞こえない「スエカワ押し」を編み出した、居合いの達人でもある「ウルトラシロの父さん」愛用のクイッククリック。ノンスリップ加工に蒔絵デザインがステキ。


 


・・・そこで、やはり元祖クリッカー改造マニアの私としては、ここらで一発強力なものを作らねばならぬと、光り物好きなMIさんのために、高機能でしかもゴージャスな作品を作りました。


decoclicker1.jpg


ベースはKPのiCLICKですが、ボタンを変え、さらにボタンのストロークを最小にとどめ、押したとたんに音が出る素早いレスポンスを達成しました。それに伴い親指を載せる部分を裏からパテ盛りし、コーンケーブ状に削って、ノーマルより3mmほどスリム化してあります。
金色に光っている部分は装飾ですが・・・・


decoclicker2.jpg


特に裏面に注目してください。純金箔を張り、ダイヤモンド(大きい方はジルコン)とパールなどで装飾を施しています。(!)


ダイヤモンドの装飾はKKさんがオリジナルです。(写真が無くて残念)シルバーのボディに大きなダイヤが光っているクリッカーを見たときにはカルチャーショックでした。おそらく世界で一番高価なクリッカー・・・。
装飾は機能には影響がありませんが、人間のモチベーションには大いに影響を与えるようです。


私個人はもっともっと機能に突っ走りたいですが、クリッカーのムーブメントが楽しくて仕方がありません。


ちなみに私が以前作ったパロディ系クリッカーはこちら

学習するということ(実習編)

このブログだけではなく、いろいろなセミナーでも偉そうなことを言っている私ですが、「では自分の犬はどうなんだ!?」と言われてしまうと、ちょっと困ります。
でも今さら取り繕っても仕方がないし・・・


ではいろいろな角度から今のルフトを客観的にご紹介してみましょう。


まず、基本的に朝食(生食)以外のご飯(ドライ)は、時間の許す限り何らかの目的で使ってしまいます。トレーニングだったり、条件付けだったりです。
自然な発育を狙って、パピーフードはあまり与えず、良質なタンパク質とカルシゥムを意識した食事で育てましたが、量に関しても初めのうちはちょっと少な目の状態を維持しました。


その結果、普通の量を与えている現在でも、食に対する意欲はラブなみです。ドライフードだけでもずっと集中を取ることが出来ます。これは報酬ベースのモチベーショナルトレーニングをしていくには大変助かる部分です。


さて、トイレも覚えたし、ゴミ箱あさりや立入禁止区域への無断進入もほぼしなくなり(といってもやがてまたチャレンジしてくると思いますが)、ぼちぼち基本的な動きを教え始めています。


まずオスワリとフセはだいぶ良い感じです。ヴァーバルキュー(声符)だけで出来ます。フセからオスワリは怪しい感じです。(必要であればすぐに介入し修正しています)ちなみにオスワリは背筋を伸ばしたノイそっくりのオスワリです。もしかしたら最初から人間にぎりぎり近い位置で教えたからかも知れません。


20070816210211.jpg


やり始めたのはツケ(ヒールポジションのオスワリ)、ツイテ(ヒールポジションで歩く)、トッテコイ(レトリーブ)、マテなどですが、どれもまだまだな状態です。


失敗したのはオイデ、です。結構来るとごほうびをあげていたのですが、なぜか手の届かないところで止まるようになりました。(これはまずい!))
思い当たるのは、パピーの頃からフードを投げてうまく空中キャッチできるよう練習しすぎたこと。無条件に離れた位置で座っているルフトにフードを投げ続けていましたので、その距離感を覚えてしまったのかも知れません。(ちなみにこの空中キャッチ、教えておくと離れたマテなどの練習で、近寄らなくても報酬を与えられるのでとっても便利なんです。)
実は私、フォーマルな(正式な)呼び戻しには「コイ」を使うつもりなのですが、それはまだ全く教えていません。いわゆる正面停座というやつです。オイデという言葉は実用的にとてもよく使ってしまうので、どうしても崩れやすく、それを見越してコイは関係が出来てから教えるために取ってあるわけです。たぶんツケとツイテも同様の理由で、将来別の言葉で教え直すことになると思います。


それとリミテッドスリップカラーを首にかけようとすると、それを避けるようになっていました。首にかけてしまえばむしろ喜んでいるので、こちらの原因は全く不明・・・。普通お散歩にいけるのだから大好きになるはずの部分です。
理由は解らなかったのですが、とりあえず逆条件付けをして自分からカラーに首を通せるよう練習中です。


今のところ徹底的にフードを使っています。今は新しい行動を覚える時期だから、それぞれによい印象を付けるため、まったくフードの引き上げは考えていません。ただ誘導(餌で釣る状態)は最小限にとどめるよう気を遣っています。
たとえば誘導を多用すれば、今のレベルでもきれいなツケからアイコンタクトしながらのヒーリングで歩くことまで出来ます。おそらくスピンやターンも出来ると思います。でもやはり誘導では犬はなかなか学習しません。本当に根気のいる作業になってしまいます。


そこで出来る限りプロンプト(行動を誘発するヒント)は出さずに自分で考えてもらうのですが、まだまだ思いつかないときも多いようです。集中力も切れやすいです。それは小犬だから仕方ないのですが、それでも何とか教えたいことに関してはプロンプトを用います。でも今度はプロンプトの引き上げで苦労するわけです。プロンプトが引き上げられないでいると、いつの間にかそれがキューになってしまうので、結局ずっと手を動かしたり体をひねらないと、たとえばヒールポジションにも入れなくなるわけです。


以前記憶のメカニズムについてちょっと書きましたが、集中的に何度かプロンプトも用いながら行動を完成させ、すぐにプロンプトの引き上げをしていくと、その場では一見行動を覚えたような感じになります。でもこれはおそらく短期記憶に毛の生えたようなもの、つまり1分から数分程度の記憶領域にあるだけですから、そのままでは長期記憶に入ってくれません。
ひたすら練習を繰り返していれば、そしてその間に妥協さえしなければいつかは正しく覚えるわけですが、どうも効率が悪い気がします。


私の今の課題は、どうすれば教えたいことをスムーズに長期記憶に入れることが出来るのか、にあります。理屈では、印象的な事柄をセットにして提供する。適度な休みを入れる。睡眠時間を大事にする。そしてそれを繰り返す。ということになるのでしょう。
たぶんイメージとしては、まず短期記憶にとどめるためにプロンプトもうまく用いながら、早いリズムで完成の形を覚えさせる。そしてすぐに休む。また同じ練習をする。休む。といった感じでリズムとテンポを大事にしながら一日数回このサイクルを繰り返し、たっぷり寝かせて翌日も同じパターンを繰り返すというのを1週間やれば長期記憶に入るのではないでしょうか。


正しい形のツケなどは時々やっているのですが、どうも覚えが悪いようで、一つは「位置関係」というのは解りにくいのかなとも思いますが、もっと脳の仕組みを理解した上でのプログラムを組めれば良いのかなと感じています。


ノイの時ほどムキになってトレーニングもしていないし、変な野心もあまりありませんから、幸せでいてくれればそれで良いのだけど、やはり最低限のことは教えなければだし、それに費やせる時間も以前より極端に少ないので、効率的な教え方というのはとても重要になっています。

オフ会はステキ

先日、出張の合間を縫って、無理矢理オフ会に参加してきました。
正確にはルフトのために関西のサモエド仲間が無理をして集結してくれたのですが、ほんと~に久しぶりの仕事ではない集まりで、暑い日でしたが心から楽しむことが出来ました。


IMG_9079.jpg


白い犬たちの中に少数派の黒い犬が2頭、そのうちの1頭はエディですが、もう1頭はルフトの後ろにいる、癌で余命1ヶ月を宣告されてしまったマックで、それから2ヶ月を過ぎたのに元気な姿を見せてくれました。よかった。出来るだけ長く元気でいて欲しいです。


IMG_9132.jpg


京都の巨サモ、権ちゃんの同居犬であるハスキーミックスのちびちゃんは、野性味が強くワイルドな印象を持たれがちですが、実はデリケートなサインを出し合いながら、ルフトととても上手に遊んでくれました。
まだ6ヶ月に満たないルフトですが、日頃の成果か、ちびちゃんのサインをちゃんと読んで徐々に間を詰め、最終的にはずっと仲良く遊べたのが嬉しかったです。大きさが近いというのも良かったのかもしれません。


IMG_9134.jpg


遊び始めるまでに十分コミュニケーションを取り、相手の気持ちを探りながら、徐々に双方が望むレベルまでエスカレートしていく様は、とってもステキです。見ていて飽きません。
それでもまだまだルフトは子供なのでちびちゃんの負担になる前に時々引き離し、クールダウンさせながら、良い印象を残して再会できるよう最低限の介入をしました。
ちびちゃんのように野性味あふれる子はメッセージの送り方が実に素早く、そして繊細です。まるでウルフパークのオオカミを見るようです。おそらくそこで「本日の遊びのルール」を確認し合いながら遊ぶのでしょうが、ルールを越えたとたんに厳しい教育的指導がちびちゃんから出る可能性があります。
したがってルフトがちゃんとそういったルールを理解できるか、素早いサインを見逃さないかは、飼い主である私が見守ってあげたいところです。そして嬉しいことにルフトはかなり上手にそれをやってのけたのです。
犬に攻撃を仕掛ける犬には筋が通っている場合と通っていない場合があると思います。それはその子の生い立ちや育ち方、つまり経験も影響するのでしょうが、得てして純血種は犬の掟に疎い場合があります。そしてミックスの子たちは掟がしっかりしていることが多いようです。ですからミックス犬で野性味が強い場合、怖い印象を与えがちですが、たいていはしっかりしたルールを持っていて、それを守っていれば犬でも人間でも安全だと思えます。
逆に犬のルールを知らない犬の場合、むしろ臆病な印象を与えがちですが、遠慮なく近寄ると犬でも人間でも危険な場合があります。こういう子はサインが下手なので人間の場合特に読みとるのが難しいようです。


IMG_9150.jpg

ちびちゃんはルールのしっかりしたタイプ。そしてサモエドはあまり細かいサインなど出さずにドカンとアタックする遊びしか知らないか、そもそも他の犬と上手につきあえない場合が多いように気がしますので、ルフトにはこれからも上手な遊び方を学べるチャンスを与えていきたいと思います。

ノイ出演のタレント犬DVDいよいよ発売

 2006年4月から製作が開始されたフィルムドッグ(タレント犬)のハウツーDVDが、今日ようやく出来上がりました。
 実に1年4ヶ月ぶり。出演しているノイとのエピソードも懐かしく思い出します。タレント犬トレーニングには特別な思い入れがあり、4年前からずっと追いかけていたテーマでもありましたので、感無量です。


194.jpg


 一般的に犬のトレーニングに懲り出すと、進む道は訓練競技会かドッグスポーツばかりです。個人的にはすぐ成績の話になってしまうことにちょっと抵抗がありました。そんなときにタレント犬(フィルムドッグ)のトレーニングはどうだろうと興味を持ち、テリー・ライアンさんに紹介していただいて出会ったのが、ハリウッド映画などでも仕事をしている撮影動物トレーナーのアン・ゴードンとジョーダン・ヘプナーです。
 二人は人道的で科学的なトレーニングをベースに、クリッカーも用いながら実に高度なトレーニングをしています。私はすっかりはまりました。「これは楽しい」。すべての知識と技術を総動員して要求される演技を教えること。締切があり本番があるシビアな世界ですが、競争や順位とは無縁の、まさに自分との戦いなのがステキです。


 これまで日本ではなかなか科学的な方法による撮影動物トレーニングは行われていませんでした。知っている人がほとんど居なかったからでしょう。
 そこでこの4年間、科学的なフィルムドッグトレーニングを広めるための活動を通じて、犬とのコミュニケーションをベースとしたトレーニングの楽しさをお伝えしてきました。そしてそのためにはどうしてもハウツーDVDが必要でした。


 ようやくでき上がった念願のDVDは、リッチフィールドという、スポーツカー フェラーリのDVDなども手がけている会社によって制作されています。
 制作していたときから、これは良いDVDになると思っていましたが、本当におすすめできる内容になっています。


175.jpg


 「GO WITH」のキューでジョーダン・ヘプナーと歩く練習中のノイ。DVDの本番ではかわいい外人の女の子と演技をしています。

記憶の仕組み


人の記憶には大きく分けて4段階あるそうです。


1.感覚記憶


これは1秒ももたないもので、たとえばテレビの映像(毎秒30コマの連続した静止画像)がスムーズに動いて見えるのはこの記憶のおかげです。


2.短期記憶


こちらは20秒から1分以内の記憶。たとえば会話の中で文章を連続して判断できたり、聞いた電話番号を覚えてかけなおしたり・・・。(ちなみに私はこの部分が特に弱い気がします)


3.近時記憶


数日間の記憶。これが特にREM睡眠で繰り返され、長期記憶になるのでいわゆる『学習』には大事な部分です。


4.長期記憶


この段階で編集され、整理されて忘れない記憶になるのだそうです。もうニューロンを結ぶ専用のシナプスが用意されている状態なので、ネットで言えば専用回線があるような感じですね。自動的にすばやく反応できる領域です。


犬のメカニズムがどのくらいヒトと共通しているのかわからないのですが、基本的には似ていると仮定すると、トレーニングで大事なのは短期記憶&近時記憶を長期記憶に移行させる「必然性作り」なのかなと思えます。
長期記憶に保存しようとする理由は、その情報が興味を引くものであったり、印象的であったり、生きていくうえで重要であったりということなので、教えたい事柄にはそういったインパクトを付与すればいいわけです。
いわゆるエモーションの部分なので、こういったことは行動分析学などでは触れられないのでしょうね。比較的新しい学問である認知学ではその辺もカバーしているのでしょうか。


20070804214732.jpg


とにかく犬のトレーニングでは、長期記憶に入れるために印象的なエピソードを、教えたい事に足しておくと良いということになります。
で、クリッカーが優れている点の一つが、まさにこの点にあるのではないかと思い至りました。シャープなクリック音はとても印象的であり、1クリック1トリートに徹していれば、報酬の約束は犬の脳に深く刻み込まれます。
さらに突き詰めると、本当に覚えて欲しいことなら、時にはすばらしいご褒美を与えると良いのでしょう。食べ物のグレードアップだったり、クリックの後にとても楽しい遊びを提供したり。そしてその後は次のトレーニングをせず仮眠させるといっそう効果的かも。


脳の科学は人間の脳でさえまだまだ研究中ですから、どんどん新しい発表があります。遺伝子もしかり。そしてそういった研究が人間以外の動物を通じてデータ収集されることも多いので、付随的に犬のことも解っていくわけです。
そういった情報をどこまでトレーニングに反映させられるか。ひいては犬のストレスを減らし、より深い絆をヒトとの間に作っていくことが出来るか、言い換えればどれだけ深いコミュニケーションがヒトと犬の間で可能なのか。興味は尽きません。


 

クリッカーの使い道

シナプスシンドロームに陥っている私は、今日もルフトのシナプス保存会会長をやっていました。


なにかっていうと、はしごやアジリティ機材の感覚を久しぶりに体験させたのです。
はしごはオッケーでした。見事に4本の足を動かして上手に通過してくれました。後ろ足関係のシナプスは大丈夫・・・。
でもシーソーにチャレンジしたらダメでした。スロープ関係のシナプスが足りません。困った・・・。
怖くて途中から後ろ足が引けてしまい、完全に体のバランスを崩しています。こんな時はTタッチのボディーワークが役に立つかな?とも思ったのですが、とりあえず面倒くさいので逆条件付けです。


さて、苦手を好きなものと組み合わせる逆条件付けにも古典的とオペラントの2種類がありますが、気を付けなくてはならないのは脱感作に比べて無理がかかるという点です。
逆条件付けは苦手が上回れば「ミイラ取りがミイラになる」つまり好きなものも苦手にしまう可能性があるのです。実際には一次強化子であるおやつを嫌いになることはないでしょうが、それを出す手や、ひいては人間、あるいはそういったシチュエーションをおそれるようになる場合があるからです。
そんなわけで、今回も脱感作的な(?)要素を取り入れて、無理をしない、のんびりペースの逆条件付けをねらってみました。


こんなときはクリッカーが有効です。でもこれは応用編。本来オペラント条件付けに用いられるものと思われているクリッカーを古典的条件付け(的)に用います。


kp2.jpg


なぜかというと、クリッカーを用いたタイミングの良い報酬の提供は、犬に勇気(あるいは勢い?)を与えるからです。
古典的逆条件付けは犬にルールが伝わり、同時に考える余裕が出来るとすぐにオペラント逆条件付けモードに移行していきますので、クリッカーも微妙にタイミングをずらしながらオペラント条件付けを意識したものに変えていきます。


今日の場合はシーソーのそばにいるだけでクリック。苦手なシーソーの上に乗ったらクリック。乗っている間にもさらにクリック。そしてこれまた変則的におやつを常にシーソーの上、ルフトの半歩先に置きます。
古典的逆条件付けとオペラント逆条件付けが入り交じった状態。さらにそこにおやつを出す位置のプロンプトを出していました。
これは実はかなり強引なやり方ですので、ルフトの気持ちがいっぱいいっぱいにならないよう気を付けなければなりません。おやつの価値が低いものを使いながら、いやならやめられる余地を残すようにしました。そしてしばらく逃避していてもそのままのんびり待っていて、再びチャレンジしたくなったらちゃんとクリック&ごほうび。


犬の記憶は4段階。感覚記憶から短期記憶を経て長期記憶に移行する、そのプロセスも意識しながらトレーニングのリズムとサイクルをうまく組み合わせていけば、こんな「苦手克服メニュー」もスムーズに行くのだと思います。


P.S.古典的逆条件付けは苦手の刺激の直後に好きなごほうびが得られることで成り立ちます。一方オペラント逆条件付けはその間に行動が入ります。オペラントはオペレート(操作する)という言葉から生まれた造語だそうです。つまり人間側から見て何らかの操作(犬から見て行動)がごほうびの前に入っていればオペラントです。具体的には苦手な刺激の後にアイコンタクトをするとかオスワリをする。そこにごほうび、あるいはクリック&ごほうびです。

プロフィール

のいぱぱ

Author:のいぱぱ
やっぱりサモエドが大好きです。
抜け毛がものすごくても、頑固でマイペースでも・・・。
運命の出会いで一緒に暮らすことになったルフトと、最新の科学的な理論をバックボーンに信頼関係を楽しく築いて行きたいと思います。

カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。