スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランダムリウォード

間欠的強化の原則はギャンブルの例が紹介されることもあって、とてもポピュラーな考え方になっていますが、最近あまりそれを意識する必要はないのではないかなと思い始めています。

やはり「新しいことを教える」プログラムと、「教えたことを適切なキューで(いつでもどこでも)実行してもらう」プログラムをはっきり分けて考えることがとっても重要で、それがすっきりわかってくると、これまでの常識がどんどん覆ってくるような気がします。

ランダムリウォードもその一つ。深い理由は割愛しますが、新しい行動を強化する(つまり学習させる)のであれば、単純に出せるときは出すべきで、その段階でランダムな報酬の引き上げなど考えるべきではないのではないでしょうか。
ちなみに人間におけるギャンブルでは間欠的に得られるお金だけが報酬ではなく、むしろ内的報酬が毎回必ず出ることが、「はまる」理由ではないでしょうか。

常識ついでにジャックポットについても考えてみました。
ジャックポットは以前はとても有効な手法と言われていましたが、学習理論的には無意味であるという考え方が近頃の主流です。
これはこれで一理あるのですが、私が一番気にしているのは「記憶のメカニズム」に関してで、これは犬の科学でもあまり取り上げられない領域なのですが、実は非常に大切な部分だと思っています。で、短期記憶から長期記憶に移行させることが、犬に何かを「教えること」に他ならないのですから、この記憶のメカニズムを有効に機能させるために「エピソード」はとても重要な役割を持っていて(電話番号や年号を覚えるのに語呂合わせするのもその例ですね)、ジャックポットは上手に出すことでそういった意味でのエピソードとなり得ると思うのです。
もちろん他にもエピソードを追加できるアイデアがあればどんどん採用し、記憶のメカニズムに刺激を与えることで、学習効率は飛躍的に向上するはずです。

今、犬のトレーニングは、古い習慣と近代的な科学の狭間で揺れ動いていますが、その科学自体がまだアンバランスな掘り下げ方をされている傾向も否めず、行動分析学だけではなく、認知学も重要であるといわれ始めたり、まだまだ発展途上にあるような気がします。
結果において科学がまだ伝統に明確に勝てていないのがその証です。

今一つだけはっきり言えるのは、「行動を教える理論自体はきわめてシンプルで単純なものである」ということでしょう。
IMG_9937.jpg
スポンサーサイト

ルフトの家庭犬訓練試験CD1

滋賀県竜王町のドラゴンハットまでCD1を受けに行ってきました。
以前は訓練競技会もインドアだったのに今回行ってみたらインドアはアジリティだけで、訓練試験はすべて屋外で行われていました。
が~ん。
外は冷たい雨。地面はどろどろ・・・。ルフトのデビューにはあまりにも酷なシチュエーションです。
迷わず出場を午後まで待つことにし、時期をうかがいました。
幸いなことに午後は天気予報通り雨が上がり、そして競技の方ははどろどろの地面でしたが、訓練試験はアスファルトの上で開催されていました。

ほっ。

IMG_0964.jpg

考えたらルフトは土の上でのトレーニングなんてほとんどしたことがなく、(というか屋外のトレーニングは、そもそも恐らく5回程度しかしていない)ましてや雨なんて未経験で、玉砕覚悟でしたが、これでいくらか可能性が見えてきました。
IMG_0961.jpg

とはいえあまりにも練習不足で、脱走の心配から始まりすべてが不安で、自信の持てる種目は皆無に近い状態でした。
IMG_0955.jpg

いやな思いをさせないこと。まめに声をかけること。手遅れになる前に対処すること。
そんな思いでチャレンジしましたが、やはり終始危なっかしい、ぎりぎりの演技でした。
「紐無脚側行進なんて選ばなければよかった」なんて後悔しながらも、何とか脱走せずに終了はしましたが、ぼろぼろです。

「やはりちゃんと練習しなければ」と反省することしきりですが、結果はなんとかV合格。やはり試験は競技よりゆるめに採点してもらえます。

ちゃんと練習して、それなりの成果を出したい気持ちになってきました。本部展もエントリーしようかな。

JKC家庭犬試験デビュー

予約してしまったJKCの家庭犬試験がいつの間にか明後日に迫ってしまいました。
練習不足も甚だしいので悪い学習だけはさせないようにしたいのだけど、そして楽しい思いで終わらせたいのだけど、天真爛漫なルフトが脱走しそうで心配です。

今回チャレンジするのはCD1の認定試験だけ。
それで多少でも可能性が見えたら本部展にもエントリーするかもしれませんが、怪しいなぁ。
なにしろ外での練習、ほとんどしていないから・・・・。

でもね、無理やり目標を設定してでも練習意欲を持たなければ、なんにもしないダメダメな飼い主なんです。
IMG_9946.jpg


会場は滋賀県のドラゴンハット。ノイの時に苦労した、屋根のある、音がすごく響く会場です。
ルフト、一緒に楽しく頑張ろうね。

洗ってもらって

洗わなくちゃ、そう思いつつはや何週間・・・。ついにルフトは今日洗われました。が、洗ったのは私ではなく、えぢのママでした。(地震でも起きなければよいが)
ありがとうございます。おかげでルフトはきれいになって、そしてアドレナリンの爆発で今ではすっかりくたびれモードです。
IMG_0900.jpg

ブラッシング頑張らないと毛玉になりそう・・・・。

そして本日のクリッカー(笑)。一番のお気に入りはこれかな。
IMG_0886.jpg

でもボックス型改造シリーズはこんなに増えました。
IMG_0891.jpg

右端のはボックスとKPを合体したものです。面白いけど、ちょっとぶ厚くなっちゃったかな。

結局押しやすいクリッカーはバネの強さと、ボタンの形状がカギを握っているという結論に達し、いろいろ試した結果、ついにシリコンゴムで型を取り、レジンで成形するという自作量産体制に入りました。まだボタンだけですが、そのうちボディもオリジナルの型で量産しようと思います。
シリコンの型とレジンの成型品はこんな感じです。
IMG_0898.jpg

なんだかわくわくします。(笑)

仲良し?

オフィスで毎日のように一緒にいるモネとルフトは仲良しなんでしょうか?
IMG_9837.jpg

楽しそうな追いかけっこを見ていると微笑ましいですが、
IMG_9836.jpg

運動能力でルフトはモネに全然歯が立ちません。
IMG_9928.jpg

いつもルフトがちょっかいを出すのですが、かならず返り討ちにあいます。
IMG_9956.jpg

野生の王国を見るようです。
IMG_9969.jpg

取っ組み合いになり、果敢にアタックしますが、
IMG_9970.jpg

押さえつけられます。
IMG_9979.jpg

激しい喧嘩のようにも見える2頭の取っ組み合いですが、目には優しさが宿っています。
IMG_0054.jpg

遊び終わって帰るときはみんなさびしそう・・・。
プロフィール

のいぱぱ

Author:のいぱぱ
やっぱりサモエドが大好きです。
抜け毛がものすごくても、頑固でマイペースでも・・・。
運命の出会いで一緒に暮らすことになったルフトと、最新の科学的な理論をバックボーンに信頼関係を楽しく築いて行きたいと思います。

カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。