スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

噛むのは攻撃性か

 ヒトは手を道具として使います。そしてコミュニケーションには主に言葉を用います。
 犬は口を道具として使います。そしてコミュニケーションにも口を良く用います。

 よく人は噛まれます。
 そして「この犬には攻撃性がある」と評価します。
 なぜ噛むのか、という犬側の理由を科学的に考えるよりも先に、感情的に「悪い犬」と断定されてしまうわけです。

 犬が噛む理由を本当に理解するには、犬の起源や進化の道筋、そして学習の原理などから掘り下げていかなければなりません。もちろん医学的な理由も考えられますから、そういった知識も必要でしょう。

 最近よくテレビで野生動物のドキュメントものをやっています。環境の変化などにより絶滅が危惧される動物、自然界の厳しい掟(おきて)などがテーマになっているようです。
 そういった動物たちを見ていると、生き延びることに必死な様子がうかがえます。多くの動物が常に餓死の危険を抱えて生きているようです。

 3つの本能。捕食、繁殖、危機回避・・・。

 すべてが種として生き延びるために欠かせない大切な本能であり、これらの行動には快楽物質であるドーパミンが脳内でたくさん生成されるようにできているんですね。

 さて、動物が餓死しないために、限られた食糧を有効に使うには、効率の良い捕食とエネルギーの保存が重要です。1000カロリーの栄養を採るために1000カロリーのエネルギーを消費してしまっては何もならないからです。
 食べた食料はしっかりと吸収します。
 そして蓄えたエネルギーはなるべく使わないようにします。そうやって餓死の危険から遠ざかるようにしているからです。

 ちなみに脳細胞は筋肉細胞のおよそ7倍カロリーを消費するといわれています。そして脳細胞が吸収するエネルギーのおよそ8割がブドウ糖であるとも言われています。どういうことかというと、体を動かすより頭を使う方が栄養不足を招きやすいということです。
 限られたエネルギーを有効に使って生き延びていくためには、体も頭も、なるべく働かせないようにしていなければならないのです。

 この事実は、地球の歴史上最も体脂肪率の高い動物である人間にはちょっとリアリティがないようですが、実は切実な問題です。

 捕食、繁殖、危機回避。この3つの本能に裏付けられ動機がなければ、動物は余計なことをしません。歩くことさえしないでしょう。エネルギーを大量に使う争いなんてもってのほかです。

ediieluft.jpg

 この写真のような「遊び」はどうでしょう?
 これは本能に根ざした行動のリハーサルという意味を持っています。ですから発展途上の子供がよく遊ぶわけです。
 ちなみに犬は野生動物であるオオカミに比べて極めて幼いまま生涯を終える動物であるという見方があります。脳の成長がオオカミの4か月齢程度で止まってしまうからです。だから犬は結構大人になっても遊ぶことが多い動物なのだと思います。同時に家庭犬では餓死の危険も感じていないでしょうから、無理に大人になる必要もないのでしょうね。

 さて、犬は人間のように器用な手や言語を持っていませんから、いろいろなことに口を使います。道具としてもコミュニケーションツールとしても様々な形で口を使うわけです。つっついたり、咥えたり、舐めたり、かじったり・・・。

 たいてい(人への)メッセージは目線から始まると思います。それからポーズ。そしてヴォーカリゼーション、つまり発声です。
 残念ながら人は犬の小さなメッセージをトレーニング無しではなかなか読み取ることができません。
したがって人が反応し始めるのは犬が声を出してから・・・。
 声によメッセージも小さなため息程度の発声から大声で吠えるレベルまでいろいろです。最も飼い主が反応してくれる発声法を学んでいきます。小さい犬なら「クゥーンクゥーン」という声が効果的でしょう。

 大声になっても通じなかったら、あるいはその方が効果的だったら犬は身体的な接触を用い始めるでしょう。
 さりげなく人に接触する、よりかかる、飛び乗る、手をかける、舐める・・・・。
 いろいろな接触方がありますが、そのなかで「やめてほしい」というメッセージを強力に伝えられるのがタイトルの「噛む」という行動です。

 噛むにも7段階くらいあって、スナップからキルバイトといった名称がつけられていますが、ようするに大声の先にあるもの、あるいはそれ以上に強力なメッセージ、という解釈が理にかなっています。
 犬が相手を本当に攻撃する時、それは相手を食べるためか、身の危険を感じ、自分(達)を守るため以外にはないのです。
 攻撃的なそぶりであっても、そこに理由がないのなら、それは人に対するメッセージなのです。
スポンサーサイト

空中キャッチ

おやつを用いるトレーニングでは、報酬が「食べ物」とだけ思いがちですが、実は連鎖的に食べ物が出現するプロセスすべてが二次強化子として機能します。
 具体的には、トリーツバッグを開ける、手がバッグに入る、食べ物を持った手が近づいてくる、そういった「変化」です。

 飼い主への集中、あるいは飼い主のそばにいること、これらは手渡しのおやつで強化していくことができるでしょう。
 しかし離れた場所での行動や状態(Action or Position)を強化する場合、報酬の出現、つまりおやつを与える場所が飼い主のそばだと、なかなか距離を維持することができません。飼い主がおやつを手渡しで与えていれば、犬は当然そばに来ようとするからです。

 ではどうすればいいか?
 ひとつはクリッカーの使用です。
 オペラントであってもなくても、クリッカーは強力な二次強化子として一瞬の行動や状態を強化し、そして解放できるからです。(ただしその場合でも手でおやつを与えていれば、クリッカーの音、イコール飼い主の手元に急ぐという行動パターンが出来上がってしまいます。クリッカーの音が結果であり、同時にきっかけ、つまりキューにもなってしまうんですね)

 次にだれか別の人に手伝ってもらうという方法があります。ヘルパーが犬のそばにいて、タイミングよくおやつを与えてもらう方法です。
 これは有効ですが、やはり落とし穴があります。ヘルパーがいつも同じ人だったり、あるいは同じような場所にスタンバイすることで、セット学習が始まってしまうことです。行動の条件として、そばにヘルパーがいること、が入ってしまいます。いろいろな人、いろいろな場所からおやつを出してもらうような般化のプログラムも必要になります。

 そして私のお勧めがタイトルの「空中キャッチ」です。おやつをダイレクトに投げ与えます。
 これには人も犬も練習が必要ですが、慣れてくると結構離れていても上手に空中キャッチできるようになります。
 遠隔のマテなどを練習するにはとても効果的です。報酬が得られる場所が飼い主のそばでないだけで、遠隔のトレーニングがずっとスムーズになります。
この場合にもいつも投げ与えていれば人のそばに来ない犬になってしまう可能性がありますから、トレーニングのメニューによっては床に落としたり、手から与えたりといったバリエーションを常に入れなければなりません。

 もし空中キャッチに失敗したら?
 拾い食いの癖がついてしまうかもしれない・・・・そういう心配もあると思います。できれば勝手な拾い食いは辞めさせたいですね。毒物なら大変なことになるから。
 で、とりそこなった場合、はじめはすぐにオッケーを出してあげましょう。拾って食べていいよという意味です。それを習慣にしておけば空中キャッチし損ねたおやつを拾い食いすることはなくなると思います。ただしクリッカートレーニングでは、その音に既に許可の意味が含まれていますので、拾い食いは認めてあげなければなりません。
 
3頭3

 空中キャッチを練習しておくとこの写真のようなシチュエーションでも、真ん中にいるルフトにだけ離れた位置からご褒美を与えられるので、トレーニングの幅が広がります。

目線で犬と遊ぶ

 「良い飼い主とは犬の資源を上手に管理している者である」
 このテーマを掘り下げる毎日を過ごしています。

 「資源」って本当に奥が深いですね。「ご褒美」とか「報酬」にばっかり気がとられていると、すぐに見えなくなってしまう「犬が行動する動機」。好子の幅広い解釈。
 捕食本能よりも危機回避本能から見せるさまざまな行動を理解すること。

 人と暮らしていると、結局人間次第で好子や嫌子が出現するため、犬は常に人間を見ています。まるで野生動物が天候の変化に敏感であったり、小さなもの音にすぐに反応するように、愛犬たちは私たちの一挙手一投足を見逃さないようにしています。

 食べ物は一次強化子です。そして食べ物の出現を約束する手の動きは二次強化子。さらにその手の動きを約束する目線の変化も二次強化子となり得ます。
 食べ物がボール遊びに代わっても同じ。
 一方嫌子出現の前にも目線の変化は普通に起こります。怖い眼で睨んでから叱るという感じです。

 つまり犬にとって人の目線を観察することは極めて重要なお仕事なのです。ご飯かもしれない、おもちゃで遊ぶのかもしれない、はたまた何か叱られるのかもしれない。
 予測できないエキサイティングな対象物。それが目線です。

Luft smile

 すっかり前振りが長くなりましたが、お散歩もろくにしない無精者の私が最近好きなこと、それはルフトと目線で遊ぶこと。

 そういったコミュニケーションに慣れてきたルフトも目線でメッセージを送ってきます。「あそぼうよ」「おなかすいた」「やべっ」「逃げちゃうよ~」
 私も様々な意味を目線に込めてルフトの反応を楽しみます。
 ルフトの感情が高まってきたり、落ち着いていったり、白けたり盛りあがったり・・・。そんな変化が感じられるととっても楽しいです。

 やっぱり犬を飼うということは、コミュニケーションを楽しむに他ならないんですね。どんな手段であろうと、相互の意思疎通がだいご味です。
 だから虐待でも、べたべたに一方的な愛を注ぐことでも、そこにコミュニケーションがないから私は嫌いです。そういう人はぜひぬいぐるみにしてほしいです。
 犬とのコミュニケーションの技術と知識は簡単には手に入りません。この素晴らしい世界に入るには努力と時間が必要なのです。

クリエイティブ

 最近クリエイティブな雰囲気に浸っています。

 ケン・マッコートのイベント撮影と編集、新たなビデオ機材の制作、電気掃除機の修理、アート映像の編集、etc。

 そんな勢いで久しぶりにTシャツを作りました。

Tシャツ

 もう大人なので(笑)愛犬写真はやめて、名前のロゴだけです。デザインは仲間のYHさんにしてもらいました。
 いい感じです。

ソウル・ダンスの神様に会う

 古い友人の依頼で映像編集のお手伝いをさせていただきました。
 ソウルミュージックの評論家としてトップクラスの彼が持ってきたのは、ソウル・ダンスの神様と言われていたニック岡井さんが、ブルーのペイントを靴裏につけてステップを踏み、アートを創作する「フット・ペインティング」のメイキング映像でした。

 どっぷりではないけれど、それなりに夜遊びしたディスコ世代にとって、まさに神様的存在だったニックさん。
 残念ながらすでに他界されている彼が、映像の中で「あのステップで」踊っています。

 これをニックさんの一周忌(2008年11月11日)に向けて開催されるアート展で流されるイメージ映像として編集しました。

 楽しかったです。黄金期のソウルミュージックに合わせて踊るニックさんを何度も見ながら編集していく作業は、自分もその場にいて一緒にコラボさせてもらっているような、そんな錯覚もしてしまいました。

 素晴らしい音楽と踊りの一体感。もっと編集のテクニックがあればなぁとちょっと悔やまれますが、映像がYou Tubeにアップされていますので、良かったら見てください。

You Tube

 そしてアート展に興味のある方は、友人のブログに情報が載っています。

 音楽評論家吉岡正晴のソウルサーチン日記

nic.jpg

 前々から思っていたけど、やっぱり愛犬とのフリースタイルにはソウルミュージックを使って、ちょっとだけソウルステップを取り入れたい、そう思いました。世界中を見渡してもソウルミュージックとかR&B系の音楽で踊る人っていないんですよね。


キューの弁別不要論

 ケンとのツアーから帰り、ルフトともようやく再開できて私は大喜び。ルフトも、まぁまぁ・・・
 ちょっとひと段落な状態です。

081010.jpg

 さて、久々の「これまでのトレーニング理論に物申す」シリーズ(って、そんなの無いけど)

 ずっと気になっていたことですが、ようやく自分の中で結論が出たことの一つに、クリッカートレーニングにおける最終段階の「キュー乗せ」と「クリッカーの引き上げ」があります。

 従来(私も含めて)行動が70%以上の確率で定着してきたら、そこでランダムにキューを乗せていき、キューの出た後だけ行動に報酬が出る、キューの出ない時には行動の後に何も起きない、というキューの弁別作業を終えてからクリッカーを引き上げるというのが定説でした。

 でもこれ、やってみると、なかなか効率が悪いです。犬にも無駄なストレスをかけているような気がしてなりません。もはやごほうびトレーニングという名のいじめです。

 で、結論から言うと、この効率の悪いプロセスは無い方がいいと思います。

 どうすればよいかというと、ランダムなキュー乗せをせず、キューを乗せるときには徹底的にキューを乗せ、「キューを出さない」というタイミングを作らないのです。
 そのまま犬の記憶メカニズムが短期記憶から中長期記憶に移行するまで、クリッカーを使い印象的なエピソードもくわえながら、意識から無意識になるようにエクササイズを続けます。いわゆるマッスルメモリー状態ですね。

 で、そこでいきなりクリッカーを卒業します。

 それからは普通にキューを出し行動が出たら褒めて報酬。
 報酬のカタチは、いわばご褒美という外的報酬から危機回避本能をベースとした内的報酬に移行する感じ。でももうクリッカーは使いません。

 もちろんそのあとで勝手に行動しても何も起きない、何も得られないという状況は作ります。

 思い出したときにはキューを出し、できれば褒める。できなければ最小限のプロンプトを用いることで、記憶を整理してもらう。
 それが一番効率がいいように思います。


 考えてみれば私は「ランダム」というメソッドをあまり好きではないのかもしれません。人間は本当のランダムを作れないから、どうしても犬にとって何らかの法則をができてしまう可能性が高くなるからです。
 私は「ランダム」を考えると、とても緊張し、困惑してしまいます。

 さらに、人がクリッカーを持つというのはトレーニングされた犬にとってそれ自体がかなりの強化子となり、その状態で「キューが出ていない時は行動しても無駄」というセッションを行うことにはさまざまな弊害が考えられます。負の弱化が最たるものですね。

 もう私はランダムなキュー乗せをしません。人にもお勧めしません(きっぱり)

地震が来そうな・・・

ルフトは鈍感だが、私は地震にとても敏感。
3、4日前に予感がすることもしばしば。
幽霊もUFOも見たことがなく、霊感も予感も鋭くないごく普通だが、地震だけ事前にわかる時がある。
いつ、どこで、どのくらいの強さで、という大切な部分があやふやだから役に立たないけど。

今もそんな感じがしている・・・。

何もなければいいけど。
プロフィール

のいぱぱ

Author:のいぱぱ
やっぱりサモエドが大好きです。
抜け毛がものすごくても、頑固でマイペースでも・・・。
運命の出会いで一緒に暮らすことになったルフトと、最新の科学的な理論をバックボーンに信頼関係を楽しく築いて行きたいと思います。

カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。