スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妥協点

言うのは簡単な「じゃまいかの禁止」は本当に難しいのですが、何が難しいかというと、妥協点をどこに設定するかというさじ加減です。

家庭犬では完璧を求めることもなく、生活に支障のない程度に妥協することが多いのですが、「どこまで妥協するか」は明確にしておかないと、すぐに崩れていきます。

ところで出入り口は犬にとって特別なエリアであり、ドッグランなどでもしばしば出入り口のエリアをめぐってトラブルが起きるのですが、それだけに出入りの許可は食べ物以外で飼い主が犬に与えるのことのできる大きな資源(ご褒美)となります。

さて、私のオフィスではできるだけ「ドアを閉めておく」という管理ではなくて、ドアは開いているけれどルールとして「許可なく出てはいけない」という学習を大事にしています。
それは出入りの問題だけではなく、すべてに通じる「決められたルールを守ること」というルールを犬に守ってもらう(?)ための大切なプログラムになるからです。

eddiedoor.jpg
もう10歳になるえぢのルールは、写真のような位置までが「「出てもよい」境界線です。大分ゆるくなっていますが、飼い主が良しとしているので問題はありません。

luftdoor.jpg

一方のルフトは、えぢに比べるとだいぶ手前で止まっています。この距離が妥協点の違いを表していますが、良い悪いを言いたいのではなく、明確な妥協点のイメージをしっかり持ちましょうということが言いたいのです。そうでないと、ある時はしかられ、ある時は認められるという、犬にとっての理不尽なルールになってしまうからです。

ちなみにルフトをこの位置でとどめたいのは、足裏感覚で境界線をはっきり伝えたいからです。
「このくらいなら出ても大丈夫」という境界線は犬にとっても分かりづらく、それは徐々にずれていく可能性があると思うからです。

こういった境界線のルールは、当初犬が毎日それを越えようとしてチャレンジしてきます。そこで、明確に良い位置とダメな位置を伝えてあげることで、人間の守ってもらいたいルールが何なのかを犬は理解できると思うのです。そしてそれは「おすわり」と言われたら解除されるまで座っていることを意味するというルールにまで般化されていく「お約束」になっていくと思うのです。

スポンサーサイト

ノイにお花をありがとう

2年も経つというのに、皆さんからお花を手向けていただき、本当にうれしいです。
ありがとう。

neu2years.jpg

ノイって本当に幸せ者です。
そして私も。

2年目の1月15日

2年目の1月15日がやってきました。

ノイの命日です

思い出すのがつらくて、でも忘れていくのが寂しくて。
死ぬ直前の写真を見る勇気がなくて、大昔の写真ばかり見ていました。
病院で最後に撮った動画は、まったく見ることができません。
なかなか懐かしい、という気持ちにはなれないものなんですね。

2月になればルフトはもう2歳です。りっぱな成犬になりました。
そしてノイを失って2年が経ちます。

スタッフのYちゃんが花をくれました。
ノイはきっと喜んでいます。ありがとう。本当に花が好きだったから。いつも熱心に匂いを嗅いでいたから。ノイは喜んでいるだろうなぁ。

犬って注目されていることが大好きで、かまってもらえることが何よりのご褒美だから、ずっとほったらかしにしていたノイのこと、今日だけは心の中でたくさんかまってあげたいです。

ノイのおかげで私の人生は大きく変わりました。たくさんの出会いもありました。
無力な私はまだまだぜんぜんノイが与えてくれたことに報いることができません。
悔しいです。もっと頑張らなくては、と思います。

我が家では幼いころから正月に記念写真を撮る習わしがあります。

これが2007年の正月。ノイ最後の記念写真です。
IMG_6770.jpg

そしてこれが、今年2009年のお正月。ノイがいた場所にルフトがいます。
昨年教えただけなのに、ルフトは遠隔の指示でソファの上のこのポジションに入ります。ノイがやっていたのとそっくり同じように・・・。
IMG_0421.jpg

新年明けましておめでとうございます

 御覧くださっている皆様、新年明けましておめでとうございます。
 旧年中も私とルフトはいろいろな所に行き、いろいろなことをしていたのですが、なかなかブログに掲載できませんでした。

 今年のテーマの一つは「フリースタイルの練習をする」「もう少しルフトの責任感を養う」「もう少しいろいろな行動を教える」って感じでしょうか。そうだ、アジリティもたしなみ程度にできるよう、練習しておきたいです。
 どれだけのことが、どのくらいの比率で達成されるか・・・・。乞うご期待です。

 さて、年末年始はこのところ恒例の、お預かり「ルナ」と一緒に実家帰りです。
0901luftluna.jpg

 今年はビビリーなルナには珍しくルフトと激しく遊んでいましたが、どうもしつこいルフトに仕方なく遊んでいる感じです。
0901luftluna2.jpg
 白けたり盛り上がりすぎたり、そしてビビったり、ちょっと攻撃的になったり・・・・。

 エキサイティングなドーパミンの噴出がスムーズでない感じ。
 日ごろ他犬と触れ合うことの少ないルナですから仕方ありませんが、犬とのコミュニケーションは不慣れです。

 一方のルフトはいろいろな犬に付き合ってもらったおかげで、だいぶ犬付き合いが上手になってきました。ちょっとしつこいきらいはあるもののそれも歳とともに適度になっていくでしょう。
 相手を刺激しすぎず、けがをしないように、相手の意欲を引き出して一緒に遊べるように、少しずつなってきた気がします。
0901luft.jpg

やっぱり犬はしつけるのではなく、育てることが大事なんですね。

ルナもがんばれ!
0901luna.jpg
プロフィール

のいぱぱ

Author:のいぱぱ
やっぱりサモエドが大好きです。
抜け毛がものすごくても、頑固でマイペースでも・・・。
運命の出会いで一緒に暮らすことになったルフトと、最新の科学的な理論をバックボーンに信頼関係を楽しく築いて行きたいと思います。

カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。