マテは何に使うのか

私たちは基本「オスワリマテ」や「フセマテ」というキューを使わない。それはなぜか。

犬に出すキュー(行動を促す合図全般のこと)は少しでもシンプルで犬にわかりやすいことが、迷いや判断のミスを減らし、余分なストレスを与えないために大事だと思うので、これまで慣例的に用いられてきたキューもすべてその目的と意味を見直すようにしている。

で、そういう視点で考えると「オスワリ」だけど待たなくて良い時があるのか、「フセ」だけどすぐ立ち上がって良い時があるのか、という疑問が浮かぶ。

ハウスマナー的には前回も書いたように「オスワリ」は行動ではなくその状態の維持を私たちは求めているはずだから、すぐ動いて良い(行動としての)オスワリやフセは基本的に無いと思う。

_1010124.jpg
(ボールを咥えたままのオスワリ)

であれば、わざわざ「オスワリ」にいつも「マテ」を付け足すというのは蛇足ではないだろうか。
犬目線から見れば「オスワリ」と「オスワリマテ」は使っていれば同義語になる。しかし「マテ」という言葉の響きは犬にとって印象的。「オスワリマテ」「フセマテ」と、いろんなキューにこの印象的な「マテ」が付いていることには、混乱こそすれ何の役にも立たない。
本来の「マテ」の意味がぼやけて行ってしまうはずだ。

LUFTゴロン
(「ゴロン」でこの姿勢になりそれを維持する。「ゴロンマテ」とは言わない)

ではいったい「マテ」はいつ使うキューなのだろう?そして厳密にはどんな意味で使うべきなんだろう?

それを私は「今している行動をすぐに止める」という意味で使うようにしている。
拾い食いをしそうな時、道路に飛び出しそうな時。特に犬の命を守るために今している行動をすぐさま止めたい時にこそ「マテ」が活きるようにしたいのだ。


整理すると、「マテ」は行動に対して出すキュー、ということになる。
そしてオスワリやフセは行動ではなく状態である、という考えに基づくと「行動を止めろ」というキューを行動していない時にも出すというのは、まさに犬が混乱する大きな要因に成っている可能性がある。

この辺を正しく理解しているだけで犬へのキューの出し方が変わってくるだろう。そして犬も「マテ」を正しく理解できるようになるはず。
試しに「オイデ」と言って犬がこちらに来る途中に「マテ」と言ってみて欲しい。そこで止まれればかなり理解している。きょとんとしながら歩きよってしまうようなら、「マテ」を正しく理解していないのかもしれない。

人間が出す合図は得てして犬には分かりにくい。
これまで普通に使ってきたキューも犬目線で見つめ直してい見ると色々な矛盾に気が付くと思う。

P1140806.jpg

と、ここまで説明してきてなんだが、自分でもルフトに「オスワリ」「マテ」ということがある。っていうか、結構ある。

あれれ?単なる屁理屈だったのか?

実は「オスワリ」でも「フセ」でもそれを完ぺきに守ってくれるのなら、その際の「マテ」は不要なのだが、そんなレベルまでトレーニングしていないので、時には外部の刺激で動きそうになるわけで、そんな時には「マテ」をかけるのだ。

屁理屈のようだけど、「オスワリマテ」と「オスワリ」「マテ」(間に時間の流れがある)とは全然違うのだ。
これはとても大事な違いだ。

これ、厳密にはオスワリを勝手に解除して動き始めたことに対して「マテ」をかけているのだ。

つまり「オスワリ」は行動ではなく状態。そしてその状態を勝手に解除してしまう時に行動が起きるわけで、その動き始めのごく小さな行動に対して「マテ」をかけるのである。

「今しようとしている解除行動をただちに止めなさい」という意味の「マテ」なのである。

D.I.N.G.O.カンファレンス2012

D.I.N.G.O.を設立して9年になります。

そろそろ何か発表の場を、という思いでカンファレンスを企画しました。

低予算小規模なカンファレンスですが、全国各地で活躍しているD.I.N.G.O.インストラクターたちが犬との暮らしに関するアイデアや研究を発表します。

少しでも多くの方に来てもらえればと思います。

D.I.N.G.O. Conference2012

求めるものは「行動」なのか「状態」なのか

犬に行動を教える場合、行動分析学の理論がとても役に立つ。

クリッカートレーニングはその最たるもの。行動にクリッカーが鳴り(二次強化子)、直後に食べもの(一次強化子)が出ることによって、犬はその行動を学習する。
行動を教えるには最もわかりやすく、強力かつシンプルなトレーニング法だ。

竹のクリッカー
(Bamboo Clicker)

ところが普段の犬との暮らし、つまりハウスマナーの中ではなかなか期待した通りの実用性を発揮できないことがある。それはどんなケースか。

たとえばオスワリといえば一瞬オスワリしてくれるが、すぐに立ち上がってしまう。
自分からハウスには入るのだがそこにとどまってはくれない、などなど。

3頭

実は行動分析学をベースにした学習(オペラント学習)には大きな落とし穴があるのだ。それは「行動とは何か」という行動分析学における、そもそもの定義と密接に関連している。

行動分析学における「行動」の定義にはいくつものお約束があるが、簡単に言ってしまえば、物理的に動きがあることが大原則になる。
行動という言葉に概念的に含まれる「ふるまい」とか「行い」といったニュアンスは入らないのだ。
また「〇〇しない」といった否定系の文章は、いっさい行動分析学の対象にならない。もちろん「良い子にしていて」という抽象的な表現もだめだ。

これが日常生活における犬とのルール作りに大いに影響する。
意外だと思われるかもしれないが、ハウスマナーにおいては行動分析学におけるところの「行動」を犬に教える必要がほとんどないからだ。

LUFTフセ

たとえば解りやすくオスワリを例にとってみよう。
「オスワリは行動である」と簡単に決めつけてはいけない。「座ること」は行動だが「座っていること」は行動ではない。座るという行動がなければ座っているという状態にはなれないから、オスワリには常に行動が伴う。しかしハウスマナーとして私たちが犬に教えたい「オスワリ」は、座るという行動ではなく実は「座っている状態」なのだ。

LUFTオスワリ

犬に一瞬だけお尻を地面につける「オスワリ行動」を求めている人はおそらくいないと思う。「オスワリ」と言ったら、座った状態でその姿勢を維持してもらいたいはずだ。つまり要求しているのは行動ではなく状態。しかしその状態になるためには行動が必要だから、「オスワリ」というリクエストに対して犬がお尻を下げる動作をする。そこが誤解を生む元になっている。

それではオスワリを犬に教える場合、具体的には犬に何を伝えるべきなんだろう?後ろ脚の力をお尻が地面に到達するまで徐々に緩めて行くことか?それとも完成形のオスワリの形なんだろうか?完成形(ゴール)がわかれば、犬にはどうすればその形になれるか、どんな行動をすればよいのか解るのではないだろうか?

たとえばオイデ。離れた場所から「オイデ」という声を聞いたら飼い主のもとまで来てオスワリをする。いわゆる正面停座だ。これはいくらなんでも行動だろう、とよく言われる。確かに飼い主の前でオスワリするところまでは全部行動である。しかし私たちがオイデと言って犬に求めているのは、正面でオスワリしているという結果だ。結果に至るまでの行動は犬の知能を持ってすれば自分で判断できることだから、極論を言うとわざわざ教えなくても良いのではないか。だってオイデと言われたらまず左前脚から順番に四つの脚をバランスを取りながら動かす・・・・なんてことを教える人はさすがいないだろう。それは犬に任せておけばいいから。それとおんなじなんだ。最終的に何を求めているのかをちゃんと犬に伝えれば、それに必要な行動を犬は自分で考え実行できると考えたい。

LUFT走る

ハウスマナーで代表的なキューであるオスワリ、フセ、タッテ、オイデ、ハウス、マットなどはすべて行動を伴うが、求めている最終形は状態。犬が最終形を理解すれば私たちが教える必要のある行動はほとんどない。

さらに言えばヒールポジションで歩く「ツイテ」だって、私たちが最終的に求めているのは「横を歩くこと」ではなく、犬の顔が常にたとえば左ひざの10cmよこにあり続けること、という部分的な「状態」だったりする。
そうやって教えないとフリースタイルなどの、ハンドラーが縦横無尽に歩く種目では犬がうまく理想の位置をキープできない。
行動として教えてしまった「ツイテ」なら、そのキューを発した途端、例え人が動かずにいても犬は前に歩き出してしまうはずだ。


なのでこれらのハウスマナーに行動分析学の理論を用いる場合は、それがより短時間で最終形の状態に導くためのヒントと捉え、最終形は行動ではなく状態であるということを理解していることが犬にわかりやすいトレーニングにおいては大切なのだ。

夏なのにハルが来た

もう7年越しで私たちが関わっている少年院のプロジェクトで、今年の3月から新たに加わったパートナードッグがハルです。3月には初期の社会化を施し、5月にも一度お預かりしていますので、今回3カ月ぶりのお預かりとなります。

もちろん来たとたんに違和感なく私たちの暮らしに溶け込みます。

そしてルフトとも旧知の仲。すぐに相変わらずの甘えん坊モードに入りました。

写真a

こんなに暑い時期だからルフトにはかなり迷惑かもしれないけど、ルフトが寝ているとハルはさりげなく寄り添って行きます。

写真b

そして遊び出せば、ルフトもまだまだ元気に激しいバトルを繰り返します。
ルール違反があったり、度を越しそうになったらすぐに介入しますが、そうでなければ場のコントロールはルフトに任せています。

写真c

3カ月ぶりの再会で気になったのはよく顔を舐めるようになったこと、そして来客の気配がすると吠えるようになったことです。
この2点だけはお預かりしている期間中に少しでも改善できるよう対応に気を付けていますが、基本的には素直な良い子なので、こののびのびとした性格はスポイルしないように明るくフレンドリーな成犬になってもらいたいです。

こうやってたまに再会し、しばらく共に生活できるのは、責任もありますがとてもうれしいことですね。
プロフィール

のいぱぱ

Author:のいぱぱ
やっぱりサモエドが大好きです。
抜け毛がものすごくても、頑固でマイペースでも・・・。
運命の出会いで一緒に暮らすことになったルフトと、最新の科学的な理論をバックボーンに信頼関係を楽しく築いて行きたいと思います。

カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
RSSフィード
リンク