スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さらにクリッカー

これまでいろいろなクリッカーを試し、そして改造や自作をして来ましたが、どうも決め手に欠けていました。
音のシャープさ、適度な音の大きさ、ばねの強さとストローク、持ちやすさ、そして美しさ・・・。
以前はクリッカーといえばボックスタイプだけだったので、それに慣れてしまったということもあるでしょう。

先日旅先で「そうだ、原点に返ってボックスタイプをベースに使いやすさを追及してみよう」と急に思い立ちました。
早速帰ってから作ってみたらとても簡単に作れて、しかもばねの強さや音の大きさがちょうど良い感じです。
すでに3個も作ってしまいました。かなりお気に入りのバージョンです。
IMG_0882.jpg


ボックスクリッカーを分解し、薄く作り直して蓋部分に穴をあけ、使いやすそうなボタンを付けるだけ。
ボタンの高さや大きさ、そしてRの形状。ボタンは特に早押しをする場合は研究の余地がありそうです。
IMG_0874.jpg

端に金属のループをつけると、ちょっとデザインのアクセントになって実用性も上がりますね。
IMG_0873.jpg

そして透明なボックスクリッカーを用い、塗装無しでオリジナルのデザインを活かしたものも作ってみました。これは先日のクリッカーエキスポでいただいたTAG Teachingのクリッカーがベースです。
IMG_0860 のコピー

これはこれでいい感じですね。でも一つ作るのに同じ色の2つのクリッカーが必要になってしまいます。

IMG_0857.jpg


製造過程はこんな感じ。切って貼って穴を開けてパテ盛りして・・・
IMG_0864.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

すごい!

早速完成ですね!!

今度押させてください(笑)!

ぜひ

さらに増産しましたので、ぜひ試してくださいね。
でもスライドで鳴らすのは困難そうです。
ボタンの形状に工夫が必要そうです。
プロフィール

のいぱぱ

Author:のいぱぱ
やっぱりサモエドが大好きです。
抜け毛がものすごくても、頑固でマイペースでも・・・。
運命の出会いで一緒に暮らすことになったルフトと、最新の科学的な理論をバックボーンに信頼関係を楽しく築いて行きたいと思います。

カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。