スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スキナーボックス

スキナーボックスをご存知ですか?

犬を科学したことのある人なら誰でも聞いたことはあると思います。

Wikipediaによると、

---------------------------------------------------------------------------------

スキナー箱(英称:Skinner box)は、アメリカの心理学者、行動科学者バラス・スキナーが開発した、主としてラットやハトのオペラント条件づけや行動研究に用いる実験装置である。研究内容からオペラント箱(operant chamber)とも呼ばれる。

スキナーはソーンダイクが研究に用いたネコの問題箱を参考にスキナー箱を開発したが、スキナー箱が現在の型になるまでの経緯はなお紆余曲折があった。

スキナー箱の卓越した点は、ラットやハトに応じてバーやボタンの形状を改良したのみならず、刺激と反応(バーやボタンを押した数)を、記録紙に自動的に記録されるようにした点である。これにより、実験記録の自動化が図れ、実験の効率や精度が高まっただけではなく、これまでの実験装置では発見できなかった、たとえば強化スケジュール(schedules of reinforcement)についての知見などが得られた。

以来、約半世紀に渡ってスキナー箱は最もポピュラーな条件づけ装置として世界中の心理学研究室や動物実験室で用いられている。
---------------------------------------------------------------------------------

と説明されています。
なんだか犬のしつけのルーツ、伝説のような感じがしますが、このスキナーボックスは量産されてさまざまな実験に用いられていたようです。

で、こちらがそのスキナーボックス。
以前テリーさんのところで見せていただきました。

スキナーボックス

これも言ってしまえば動物実験ですから、現在では人道的にむやみに試すべき内容ではないと思いますが、この箱が私たちにもたらしてくれた「学習の原理」は実に大きいと思います。

愛犬のことを知るのにとても役立つ情報が、世界の学者たちによって研究された成果として残されているのですから、私たちはそれを100%利用していくべきなのではないでしょうか。と、改めて思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のいぱぱ

Author:のいぱぱ
やっぱりサモエドが大好きです。
抜け毛がものすごくても、頑固でマイペースでも・・・。
運命の出会いで一緒に暮らすことになったルフトと、最新の科学的な理論をバックボーンに信頼関係を楽しく築いて行きたいと思います。

カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。