スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セミナーとワークショップ

犬がらみのお勉強には大きく分けて、セミナーとワークショップがあります。

セミナーは座学。犬なしで参加し、人が知識を学ぶイベントです。
それに対してワークショップは犬を連れて参加するイベントですが、これ、通常は犬が学ぶためではなく、人が学んだことを検証するために犬を連れてくる、というケースが多そうです。

今まで漠然と考えていましたが、これは結構大事なことです。

ワークショップで学ぶのが人なのか、犬なのか。

無意識に開催していると人が学び、犬は検証用になりがちです。


一方で、犬の視線から色々考えてみましょう。

犬にとってのセミナー(座学)とワークショップは存在するか。
もちろん私が考えているのは犬の「自発性」を優先した方向性です。

犬も得られた情報によって学んでいきます。
学ぶのは生きるため。ですから捕食、繁殖、危機回避の3つの理由が背景にあります。

犬は文字を持っていません。その代わりに鼻で臭いを読みます。

したがって、「犬のセミナー」はおもに臭いをかがせるメニューになるでしょう。
もちろん視覚も聴覚も大事なので、座学的に活かす道を探る必要があります。

色々な物を見せる。色々な音を聞かせる。パピーのプログラムでは当然のことですが、成犬に対してできるプレゼンテーションはないでしょうか?きっとありますね。そしてその目的は一言でいえば「心を広げる」ことでしょうか。


ではワークショップは?犬にとってのワークショップ。

犬同士のセッションは典型的なワークショップでしょう。
それからアジリティなどのアクティビティで、体の使い方を覚えるとか、コンタクトゾーンのルールを覚えるとか。

基本の動きでも反復練習はワークショップかも。

そんなこんなで未来のイベントを探るために、犬の目線から見た学び方を考えています。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

> 無意識に開催していると人が学び、犬は検証用になりがちです。

これまで意識して考えることがなかったですが、確かにそうですね。
実際多くのセミナーは人が学ぶために企画されているような気がします。

犬が学ぶことができる場が多くあると、その犬にとって毎日の暮らしは大きく変わりそうですね ^_^
"犬が学ぶセミナーとワークショップ" どんなものができるのか、とても楽しみです♪

4月の人間のセミナーに申し込みさせていただきました。
たくさん臭いを嗅ぎとって帰れるようがんばります(笑)

ARUさん

犬が学ぶ施設、犬が学ぶセミナー。色々と考えることができそうです。
(いつになるかわかりませんが)ご期待ください。
プロフィール

のいぱぱ

Author:のいぱぱ
やっぱりサモエドが大好きです。
抜け毛がものすごくても、頑固でマイペースでも・・・。
運命の出会いで一緒に暮らすことになったルフトと、最新の科学的な理論をバックボーンに信頼関係を楽しく築いて行きたいと思います。

カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。