犬のトレーニングで必要なこと

今ラーナーズノートというものを作っています。

これはずっとD.I.N.G.O.で用いてきたトレーニングシートの進化形として考えてきたものです。
トレーニングシートは、自動車教習所の見極め台帳や、病院のカルテ、そしてスキューバダイビングのログブックをなどを参考に考案しました。

これさえ持っていれば、引っ越しをしてもあるいはいつどこでどのインストラクターに習っても、ちゃんとプロフィールを確認してもらい、続きから学習できるというコンセプトのもとに作られました。
レベル分けもアマチュアで「イントロダクトリー、ノービス、アドバンス、マスター」という4段階に分けて、ステップアップする目標を明確に設定できるようにしました。

これは今でも思っていた以上に(?)うまく機能していますが、これからの時代を考えるとさらに進化した形が求められます。
たとえば近くにD.I.N.G.O.インストラクターがいない地域に住んでいる方、なかなか時間が取れない方、そういった方々は、ちゃんと習いたくても、インストラクターを目指したくてもステップアップしていくことが困難なのです。

よく地方のイベントでだけお会いする方々がいらっしゃいます。
何年もとても熱心に勉強されていて頭が下がる思いですが、資格を取ろうとすると時間的に不可能な方も多いようです。
プロを目指していない方でも、在宅学習も含めてもっと自由なスタイルでステップアップしていける道はないのか。そういう背景からラーナーズノートの必要性を感じ制作を始めたわけです。

これは従来のトレーニングシートに詳細な項目とチェックボックスが付き、やり方のハウツーが一部紹介されているような内容になります。ノウレッジとハンドリングのパートを分け、たとえばセミナーイベントでもチェックボックスにチェックが入るようなコンセプトです。
通常のようなインストラクターのもとに通うクラスだけではなく、セミナーやワークショップでもチェックボックスを埋めていくことができる多機能なノートになる予定です。

さらに、それと連動した書籍やDVDの販売、あるいはインターネットを用いた映像配信などを使って、いつでも学習を続けていけることができる総合的なエデュケーションプログラムを目指しています。

犬のトレーニングそのものが、科学によってどんどん進化しているように、それをお伝えするシステムも常に進化していかなければならないと思うんです。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ラーナーズノート、とても楽しみにしています。
できるならば、理想的なトレーニング環境の作り方などのレクチャーもあると嬉しいです。
本当に何もわからない素人なので、多頭飼いで家の中が仕切りのないワンルームだった場合どんな風に集中しやすい環境を作ったらいいのか、待たせているもう1匹の方にはどのように対処したらいいのか、わからないことだらけです。
DDCT講習って私みたいな素人でも受けてもいいものなのでしょうか。もし札幌で講習があればの話なんですが;;
プロフィール

のいぱぱ

Author:のいぱぱ
やっぱりサモエドが大好きです。
抜け毛がものすごくても、頑固でマイペースでも・・・。
運命の出会いで一緒に暮らすことになったルフトと、最新の科学的な理論をバックボーンに信頼関係を楽しく築いて行きたいと思います。

カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
RSSフィード
リンク